マークルック(หมากรุกไทย)の変則規則・マークポン(หมากป้อง)

タイ将棋・マークルック(หมากรุกไทย)は、他の将棋類に比べて駒の力が弱く、終盤に駒枯れで膠着状態が発生するので、それを避ける為の引分ルールがいくつか用意されています。 スティールメイトで引分になるのはチェスと同じ … “マークルック(หมากรุกไทย)の変則規則・マークポン(หมากป้อง)” の続きを読む

韓国ソウル市・踏十里 古美術商街の伝統遊戯

韓国ソウル市東大門区の地下鉄5号線「踏十里(タプシムニ・답십리)駅」近くにある「古美術商街(고미술상가)」には、韓国の様々な骨董品が陳列販売されています。 この古美術商街には、主に朝鮮時代の民芸品や生活用具が所狭しと並べ … “韓国ソウル市・踏十里 古美術商街の伝統遊戯” の続きを読む

大老二(基本ルール)

大老二(dà lǎo èr・ダーラオアール)は、台湾をはじめとする中華圏で盛んなトランプゲームです。 大老二は、台湾での呼び名で、大陸や港澳などでは「鋤大弟」や「鋤大D」などと呼ばれています。 遊び方は、大貧民にポーカー … “大老二(基本ルール)” の続きを読む

台湾・大老二の基本ルール

以前に旧ブログで「台湾のトランプゲーム・大老二」を紹介しましたが、スマホのアプリを色々と試してみたところ、別の遊び方があることに気付きました。 旧ブログで取り上げた大老二のルールは、相手に5枚出しのポーカー役を出されたら … “台湾・大老二の基本ルール” の続きを読む

世界の将棋大会(2017年8/15)

8/15に開催された所司和晴七段主催の「世界の将棋大会」に参加してきました。 この会は、世界各地の将棋類を体験できるイベントで、毎年8月と12月に開催されています。 会場には、日本将棋のほかに、象棋やチャンギ、マックルッ … “世界の将棋大会(2017年8/15)” の続きを読む

禽将棋

禽将棋(とりしょうぎ)は、将棋の九世名人である大橋宗英(1756~1809年)が考案したとされる小型の将棋です。 駒にはそれぞれ鳥の名前がついており、32枚の駒を7×7マスの盤面に配置します。 禽将棋は大橋宗英の創作だと … “禽将棋” の続きを読む

タイの宝くじと民間信仰による必勝法

タイの宝くじには、公的に販売される合法な「フワイ・ボンディン(หวยบนดิน)」 と、「フワイ・タイディン(หวยใต้ดิน)」と呼ばれる非合法なものの2種類があります。 フワイボンディンのボンディンは、地上の意味で … “タイの宝くじと民間信仰による必勝法” の続きを読む

闘地主

闘地主(鬥地主・斗地主・dòu dìzhǔ・ドウ ディージュー)は、中華圏で最も盛んなトランプゲームのひとつです。 地主と小作人の闘いがテーマとなっており、ゲームでは、1人の地主に対して二人の小作人が勝負を挑みます。 日 … “闘地主” の続きを読む

モンゴルの牌ゲーム・ダーロウ

先日、ドラフツ(Draughts)の全日本大会に参加したモンゴル人選手より、モンゴルの牌ゲーム・ダーロウについて教えてもらいました。 モンゴル国内でダーロウは、若年層で知らない人が増えているそうですが、中年以上なら大抵は … “モンゴルの牌ゲーム・ダーロウ” の続きを読む