馬来西亜麻将(マレーシア麻雀)

馬来西亜麻将(マレーシア麻雀)は、マレーシアの華人の間で遊ばれている3人麻雀です。
麻雀の筒子と16枚の花牌、4枚の飛という特殊牌の合計84枚を使用します。
上がるには5番以上の役が必要となり、10番以上は爆という最高役数になります。

■開始手順
洗牌をした後、各自の前に14棟、28枚の牌を積み上げる。
2個の骰子を振り、麻雀のように開牌の位置を決め、牌を取り出していく。
東家が14枚、南家と西家が13枚を手にしたら、東家から順に「補花(bǔhuā/ブゥホワ)」をする。
補花とは、手にある花牌を場に晒し、嶺上牌から晒した数だけ牌を補充することである。
以降は麻雀と同じ手順を進めていくが、手番で花牌をツモした場合は補花をする。
上がった人が次局の東風となり勝負を繰り返すが、回数は各自で適当に決めて行う。

■特殊牌・飛(fēi/フェイ)
マレーシア麻雀では、飛という特殊牌を4枚使用する。
飛は槓子以外の全ての組合せ(対子、刻子、順子)に使うことができる。
手にある飛は捨てることはできない。
開始時に飛が4枚あると即勝利となり、四飛という最大役(10番)になる。
同様に、手に3枚飛があり、残り1枚の飛をツモると最大役で上がりになる。

◆下飛(xià fēi/シャー・フェイ)
手番でツモする前に手牌にある飛を晒して、花牌扱いとすることができる。
これを下飛という。
下飛の後は、嶺上牌から1枚ツモして補花をする。
※手番でツモした後に、下飛をすることはできない。

■槓と得点
対局中に槓をすると、その場で得点が入る。
暗槓の場合は「2千点(各自から千点ずつ)」、明槓の場合は鳴かれた人から千点、加槓の場合は「千点(他家から500点ずつ)」の得点を得る。

■字牌と花牌の扱い
マレーシア麻雀では、字牌「東南西北/中白發」の他、16枚の花牌を使用する。
花牌は、一般的な8枚「春夏秋冬/梅蘭竹菊」に加えて、生物4枚「猫、鼠、鶏、蜈蚣(ムカデ)」、人物の顔4枚を使用する。

◆字牌の番数
字牌は得点計算時に1番追加されるが、得点は以下の場合となる。
●東 …東風のみ1番
●南 …南風のみ1番
●西 …西風のみ1番
●北 …1番
●中發白…1番

◆花牌の番数
花牌は得点計算時に1番追加されるが、「春夏秋冬/梅蘭竹菊」の得点は以下の場合となる。
●春/梅 …東風のみ1番
●夏/蘭 …南風のみ1番
●秋/菊 …西風のみ1番
●冬/竹 …1番
※地域や遊ぶ人により、竹を西風のみ1番、菊を1番とする場合もある。

■役の番数
マレーシア麻雀では、役の数を番と数える。
最大役数は10番までで、10番役数を爆と呼んでいる。
役の採用や番数は、地域や遊ぶ人で異なっている。

◆十番(爆)
●天胡 ●地胡 ●大四喜 ●小四喜 ●大三元 ●全大炮(字一色)
●十八羅漢(四槓子) ●四飛 ●面前無花
※地域により四暗刻も採用

◆5番
●全筒子對對碰

◆4番
●全筒子平糊(※鳴いても成立)

◆3番
●小三元 ●全筒子 ● 碰碰胡(対対和)
※ 碰碰胡を2番とする地域もある

◆1番
●幺九 ●幺九筒 ●槍槓 ●槓上
●花上(補花した牌で上がる)
●吃胡/鶏胡(上がりに付く点数だが、全筒子や對對碰が有る場合には付かない)
※清一色を1番とする地域もある

※役の種類と番数は統一されておらず、地域や遊ぶ人によって大きく異なる。

■点数計算
得点計算は番数に取り決めた点数を掛けて算出する。
点数の算出法は、地域や遊ぶ人で異なっているが、具体的な一例として、ツモの場合、他家の二人が番数×200を勝った人に支払う。
ロンの場合は、放銃した人が番数×200、もう一人が番数×100を勝った人に支払う。

◆ツモの場合(自分がツモ)
ツモ
他家 番数×200
他家 番数×200
◇具体例
●自分が7番ツモ
自分 +2800
上家 7番×200=-1400
下家 7番×200=-1400

◆ロンの場合(上家が放銃)
ロン
上家(放銃) 番数×200
下家 番数×100
◇具体例
●自分が7番ロン上がり
自分 +2100
上家(放銃)  7番×200=-1400
下家 7番×100=-700

◆爆(bào/バオ)の場合
最大約数は10番で爆と呼ばれる。
爆の場合は、20に取り決めた点数を掛けて算出する。
具体的には、ツモの場合、他家の二人が20×200を勝った人に支払う。
ロンの場合は、放銃した人が20×200、もう一人が20×100を勝った人に支払う。◇具体例

●爆で自分がツモ
自分 +8000
他家 20×200=4000
他家 20×200=4000

◇具体例
●爆で自分がロン(上家が放銃)
自分 +6000
上家(放銃) 20×200=4000
下家 20×100=2000